どこでもギター

『ギター』 最新ツイート

@623Akemi

左手痛くてギター上手く弾けない 曲漁りたい⤴︎ 眠くならんし← ベッド入って曲漁ろうかな〜

35秒前 - 2015年06月02日


@shizu1240

【#LiveInfo】 6月20日(土)イオンモール釧路昭和、無料弾き語りコンサート(*^_^*)♪ http://t.co/CgqSuItrgt #shizuka #ギター弾き語り #ギター #弾き語り #rapport

36秒前 - 2015年06月02日


@hyakubunRITSU

「ギターの弦から艦首のチェーンは作れるか」とかやってたら1mmも制作進んでないし普通に既製品買った方がいい

43秒前 - 2015年06月02日


楽しくギターを弾こう!

ギターはバリエーションが豊富

ギターと言えば、テレビなどで、アーティストが演奏しているのを見たり、楽器屋でもよく目にする楽器のひとつですが、種類を聞かれた時、何種類くらい答えられますか?大まかに言うと、アコースティックとエレクトリックの2種類があり、違いを簡単に説明すると、音の拡声の仕方が違います。
アコースティックは、ボディをヘルムホルツ共鳴器として音を拡声し、エレクトリックは、電気増幅回路を使って音を拡声します。
ボディを良く見れば、違いが分かります。
アコースティックのボディの真ん中には穴が空いてますが、エレクトリックの方には、その穴がありません。
さらにその2種類それぞれにも種類があり、フォークやクラシック、フラメンコなどはアコースティックの仲間に入ります。
エレクトリックの仲間には、フルアコースティック、セミアコースティックなどがあります。
それから、実は、弦の本数も種類があります。
良く目にするのは、6弦ですが、4弦から5弦、10弦や12弦、18弦もあったりと意外と種類が多いです。
ちなみにベースも、正確にはエレクトリックベースと言って、4弦ギターになります。
また、弦の素材も金属とナイロンがあったり、弦の太さも種類があります。
このように、ギターはバリエーション豊富な楽器でもあるのです。

一芸として生涯利用できるギターの演奏

ギターは幅広い年代層から愛されている弦楽器の一つであり、演奏できることによって一躍注目の的にもなれることから若い頃から独学で演奏できるようになることを目指す人も大勢います。
特に高校や大学の部活動やサークル活動でバンド等を結成することも多くなっていることから、そういった場で練習を積んで演奏できるようになることによりその活動自体を楽しむと共に、演奏できるようになる喜びを感じてその後も練習を続けていくという傾向があります。
パーティー等におけるちょっとした一芸の披露という場合にも優れた方法であり、誰もが美しく演奏できるものではないものの音楽という点において万人に共通する娯楽の一つであることから必ずその場を盛り上げることが可能です。
また、そういった場面において歌を歌ったり、他の楽器を演奏できる人がいれば、伴奏としてもり立てることも主役として美しい旋律を奏でることもできます。
主役としても脇役としても活躍できるのがギターの特性なのです。
演奏に際してそれほど大きな体力を必要としないことから一度演奏できるようになると年齢も性別も問わず弾くことができるため、一生ものの一芸としても有用なものとなっています。

Copyright © 2015 どこでもギター♪ All Rights Reserved.